オンラインカジノ ビデオスロット用語

オンラインカジノのビデオスロットで出てくるフリースピンやスキャッターなどの言葉ってパチスロに慣れ親しんだ方だと聞きなれない用語など多いと思います。

基本的なビデオスロットで使う用語をまとめてみました。

スキャッター  

 

英語で直訳すると「まき散らす」という意らしいですがオンラインカジノのビデオスロットではある特定の図柄の事でゲームに違いはありますがリール上に2つ~4つ揃うとボーナスやフリースピンを獲得できます。

マルチプライヤ―

ワイルドシンボルの様な役割でリールに出現すると小役成立の補助になるシンボルですが獲得勝利金を×2や×3から×100などに倍増させる機能があります。

ほぼどのスロットにもマルチプライヤーはあると思いますが通常のゲームではなくボーナスやフリースピン中に獲得勝利金を倍増させる演出として出現する事が多いシンボルである。

シンボル

パチンコやパチスロでは図柄や絵柄などと呼ばれますがビデオスロットでは高配当のキャラから文字などの低配当の図柄や絵柄を総じてシンボルと呼びます。

フリースピン

こちらもパチンコやパチスロでは聞き慣れない言葉だと思いますがビデオスロットではパチンコやパチスロの大当たりやボーナスに当たる演出がフリースピンになります。

パチスロではメダルを3枚入れてリールを回して小役を揃えてメダルを増やしますがオンラインカジノのビデオスロットではコインを減らさずにリプレイを繰り返し配当を得ます。

演出によってはフリースピン上乗せなどもあり高配当も期待できます。パチスロだとARTの様なイメージです。

RTP

リターン・トゥ・プレイヤーの意でプレイヤーがお金を幾ら使って幾らの払い戻しが期待出来るかを数値化したものです。

ペイアウト率や還元率や期待値などの方が馴染み深いでしょうか。

コインバリュー

オンラインカジノのビデオスロットではベットするコインの価値をを変更できます。パチスロでは1枚20円のメダルを3枚投入してリールを回すと1ゲーム60円掛かりますがビデオスロットではゲームによりますが低いレートですと$0.1~高いレートだと$100や$200など1回リールを回すのに必要なベットを変更できます。

最初は様子見で低レートで回して調子良さそうだとレートを上げるなんて事もビデオスロットでは可能です。

オートプレイ 

ビデオスロットではパチスロと違って自分でレバーを叩いたりメダルを入れたり目押しをしたりする必要がありません。

スピンボタンをタップやクリックする必要がありますが、その行為を回数を決めて自動で回せる機能があります。

パチスロを1日中打ってたりすると肩が怠くなったり目の焦点が合わねぇ・・・なんて事も多々あると思いますが自動でゲームを回せる機能があると体の負担軽減や面倒臭い動作も省けて便利な機能です。

マイナス$100負けたらオートプレイストップなど損失のリミットも設定できるので大損する事もなく遊べます。またイマイチ調子が悪い時はいつでもオートプレイ解除できます。

ベラジョンカジノの登録はこちらから

コメントの入力は終了しました。