オンラインカジノ ライセンス制度とは?

オンラインカジノを運営する企業はオンラインカジノを合法的に認めている国に企業拠点を置きサーバーを設置して運営しなければなりません。

もし非合法の国にサーバーを設置してオンラインカジノを営業しても、その国の賭博法に引っかかって逮捕されてしまいます。

国がオンラインカジノを正規に合法と認めてその国の政府かそれに準じる機関が申請のあったカジノ会社を厳格に審査してライセンスを取得してからカジノ会社はオンラインカジノを運営できる。という流れになります。

ライセンスを発行する機関もライセンスを取得した会社が不正や勝利金の不払いをした場合は自身のライセンスのブランド力も落ちますし信頼も失墜します。そして何より不払い金をライセンス機関が肩代わりしてプレーヤーに払い出ししなければいけないという話もあります。

それだけにライセンスを発行する機関は厳しく条項そ設定し,それを満たした企業にライセンスを発行後も経営状況を監視して不正がないかチェックしています。

ライセンス制度にもランクがあり最も取得が難しく監査も厳しいのがオンラインカジノライセンスビジネスの発祥の地の英国のUKライセンスと言われており、UKライセンスを取得している会社は健全な運営をしているオンラインカジノといってもいいと思います。下

しかしながらUKライセンスはライセンス料が高く広告の出し方までに口を出してくるという厳しさからブランド力は高いのですが他の国のライセンスに企業が流れている現状です。

その他のライセンス機構の中で近年人気なのがマルタ共和国のマルタライセンスになります。

英国の審査の基準の流れを汲みつつライセンス料を割安にしたり広告まで口を出したりしないようでカジノ企業から人気があり今や最もライセンスを取得している会社が多いライセンスになってます。

コメントの入力は終了しました。