ベラジョンカジノ 提携ゲーミング会社 Microgaming マイクロゲーミング

ベラジョンカジノにビデオスロットなどを提携しているMicrogaming マイクロゲーミング社の詳細です。

マイクロゲーミング社は1994年に設立されたゲーミングプロバイダ会社でオンラインカジノ業界の最大手であり最古参であ業界の開拓者である存在です。

マン島に拠点

マン島とはイギリスとアイルランドの間のアイリッシュ海の中央に位置する淡路島ほどの小島で首都はブリデン。人口は8万人ほどになります。

マン島といえば世界一過酷と言われる公道を走行するバイクのレースが有名ですが他にもタックスヘイブン地区として金融の小国でもあります。

オンラインカジノのライセンスビジネスも行っていてかつては高額なライセンス料を設定していたようですが今現在はだいぶ抑えられたライセンス料になっている様です。

しかしながらオンラインカジノライセンスビジネス発祥のイギリスのお隣国という事で審査の厳しさで知られるUKライセンスの流れを汲んでる事が窺えます。

オンラインカジノ史上最高額のジャックポット賞金

マイクロゲーミングの伝説的なジャックポットスロットの MEGA MOOLAH では過去にジャックポット史上最高額となる$6.374.434という賞金が出ています。600万ドル超えという事は日本円にすると6億円を超える賞金になります。

こんだけ高額だともう意味が分かりません。とてつもない金額すぎて有難みが分からないですね(;´Д`)他にも直近だと2017年に€6.079.248.33の払い出しがあったようです。

1€なんて日本円でいくら位でしょうか?よく知りませんがどえらい金額ですね。

マルチランゲージで日本語にも完全対応

2005年にマルチランゲージを導入して日本語でのゲームのプレイが可能になりました。マルチというだけあって世界各国の言葉にも対応しており世界中でマイクロゲーミング社のゲームが楽しまれてます。

日本からオンラインカジノをプレイする場合、日本語表記が全くないスロットなどで初めて遊ぶ場合に戸惑う事も多い中で日本語表記は嬉しい機能ではあります。

ヒットした映画などとのタイアップ作品も多い

  

マイクロゲーミングのスロットのラインナップにはヒットした映画やドラマなどとのタイアップ作品が多数あります。

ちょっと古い映画ですがジュラシックパークやトゥームレイダース、最近私もハマって観てたゲーム・オブ・スローンズなどとのタイアップ作品があります。

これは映画の版権使用料や広告宣伝費などに費やす資金が潤沢にあるという事です。

資金が潤沢という事で開発や運営もキチンと行われておりマイクロゲーミング社のゲームはサーバーが安定さが業界隋一と言われてます。

マイクロゲーミング社との提携は一つのステータス

マイクロゲーミング社のゲームをオンラインカジノ側が誘致する場合ソフトライセンス料が他のゲーミング会社よりも割高に設定されてます。

ユーザー保護の視点からソフトライセンス料を割高に設定しているようですが、以前に経営に行き詰ってプレーヤーへの払い戻しに困窮してたオンラインカジノをマイクロゲーミング社が肩代わりしてプレーヤーに支払ったという逸話があります。

そういったリスク込みで割高なライセンス料を設定しているようですが、なんて親分肌な会社なんでしょうか( `ー´)ノ

もちろんマイクロゲーミング社も提携する会社を厳しい審査で精査してゲームのリリースをしてる事からマイクロゲーミングのゲームを取り扱っているオンラインカジノは資金や経営の健全さなど信頼できるオンラインカジノとして一つの判断基準になります。

因みにベラジョンカジノではビデオスロットだけで145のラインナップがありました。