ベラジョンカジノのライセンスがマルタからキュラソーへ変更

先日からベラジョンカジノのライセンスがマルタ共和国のMGA(マルタ・ゲーミング・オーソリティ)からキュラソーのライセンスに切り替わってます。

プレーヤーにとってライセンスが変わるとどうなるか?というと何も変わりませんが昨今のオンラインカジノ業界は一時はもてはやされたマルタライセンスからキュラソーなどへのライセンス移行が多くなっている。というのがトレンドの様です。

マルタライセンスからキュラソーへカジノが流れる理由

オンラインカジノライセンスのビジネス発祥の地はイギリスですが、そのUKライセンスは厳しい審査と高いライセンス料から基準をクリアした経営とライセンス料を支払える資金などを有してるカジノとしてUKライセンスを取得してるオンラインカジノにとってはステータスでした。

その厳しい審査基準の流れを汲んでライセンス料を割安に抑えてもてはやされたのがマルタ共和国のMGAライセンス。

一時はマルタライセンスを取得しているオンラインカジノは信頼できるカジノの一つの基準でしたがライセンス料は割安でも経営に関する基準や経営に広告やキャンペーンなどにも言及する厳しいレギュレーション(規則、規制や法令、制限などの意)がキツイといった声があったようです。

一例を挙げるとマイクロゲーミング社のオンラインカジノのジャックポットの高額賞金を何度も出しているMEGA MOOLAH というスロットに対して「シンボルの動物のキャラが可愛くてコミカルなので未成年のギャンブルへの依存を助長する」というクレーマー並みの注意を受けてカジノ側が頭を悩ませている。なんて逸話もあります。

マイクロゲーミング社とは

キュラソーライセンスに変わって何が変わるか?

マルタライセンスのレギュレーションが厳しい事は先にかき書きましたがキュラソーライセンスだと規制が緩くなり様々なボーナスや入出金の上限などの改定が見込まれます。

また一時はベラジョンカジノでも取引きのあったビットコインでの入出金も再度復活するかもしれません。

ライセンス切り替えでどうこう変わるかというとユーザーにとってはプラスな恩恵が受けられそうな今回のライセンス切り替えです

コメントの入力は終了しました。